エレクトーンって何なの?

MUSIC

こんにちは
naoです。

今回は、エレクトーンについて解説したいと思います。

エレクトーンってご存知ですかね。

鍵盤が2つあって足側にもペダルがあって
演奏者は両手と両足を使って全身を使って演奏します。

鍵盤楽器代表のピアノと比べると知名度は低いと思いますが、
名前ぐらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

この記事の内容

  • エレクトーンとは何なのか?
  • エレクトーンとキーボードの違いとは何なのか?
  • エレクトーンってなにが楽しいの?

こういった疑問に答えます。

私のエレクトーン歴は10年以上で、家には演奏のために防音室があるぐらい音楽が好きです。そういった私が解説します。

エレクトーンとは何なのか?

はてな

エレクトーンとは、ヤマハが作っている電子オルガンの商品名です。

エレクトーンとはヤマハが作った電子オルガンのことをいいます。
実は、エレクトーンと同じような電子オルガンは他にもあって、河合というメーカーが作っていたドリマトーンや松下電器産業(現パナソニック)が作っていたテクニトーンなどがあります。

ドリマトーンとテクニトーンについては、ウィキペディア調べだと販売は終了しているようです。
エレクトーンは、そういった電子オルガンの競争に勝って生き残ってきた楽器とも言えます。

エレクトーンとキーボードの違いとは何なのか?

天びん

エレクトーンはリアルタイム演奏に特化した楽器です。

一人でもオーケストラ演奏ができる。

リアルタイムに特化した楽器です。

私が知り合いに、エレクトーンってキーボードと何が違うの?といった質問をよく受けます。
キーボードとは、バンドなどで電子の鍵盤楽器を演奏されているものを指すのですが、
違いはズバリ音の呼び出しが簡単にできるのがエレクトーンです。

キーボードの演奏イメージ

キーボード演奏イメージ
エレクトーンは演奏しながら音を変えることに特化されています。

例えば、トランペットの音を使って演奏していたと思ったら、次の瞬間に
バイオリンの音へ変更などが簡単にできます。

実際は、キーボードでも音を変えることは出来ますが、
ボタンを何個か押して変更するといった動作になったりします。

その点はエレクトーンにはボタンがいっぱいあって音の呼び出したいときに
1回ボタンを押しただけで音を変えることができます。

さらに両手両足の音についてもメモリーするボタンに音の設定を記録できて
1回のボタンで両手両足のすべての音を一瞬で変えることができます。

キーボードでもメモリして1つのボタンで音を変えることはできますが、音の呼び出しが簡単にできることを特化しているエレクトーンと比べるとメモリできるボタンの数も違いますのでエレクトーンの方が圧倒的に演奏しながら音を変えたいときに向いています。

もちろんキーボードでも曲の途中で音を変えるタイミングをあらかじめプログラムしておけばエレクトーンと同じように演奏の途中で音を変えることは出来ますが、大きな違いはプログラムしておく必要があるというところです。エレクトーンだとその場で簡単に音が変えられるんですよ。

ここが大きく違います。

一人でもオーケストラ演奏ができる。

エレクトーンは両手両足を使って全身で音を出すことが出来ます。
従って1人で演奏できる楽器の数が違うんですね。

その結果オーケストラの演奏を1人で演奏できたりします。
キーボードでも何台も準備すればできると思いますが、足鍵盤がありませんので、
エレクトーンと比べると演奏できる楽器に数が減ります。

エレクトーンってなにが楽しいの?

たのしいイメージ
音の数はキーボードとエレクトーンに大きな差はないと思います。
しかし、やはりリアルタム演奏というところではエレクトーンの方が勝っていると思います。

エレクトーンの楽しみは、リアルタイム演奏を1人でできるところだと思います。
通常だと複数人いないと演奏できない曲を1人でリアルタイムに演奏できるんですよ。

例えば、ギターとピアノとベースを1人でリアルタイムで演奏するって
想像しただけで楽しくなりませんか?

ユーチューブでもエレクトーンの演奏されている方が、多数おられますので、
一度検索してみてはいかがでしょうか?
1人で何人もの楽器をリアルタイムで演奏していることがよく分かると思います。

今回はエレクトーンについて解説しました。
少しでもエレクトーンの魅力が伝わればと思います。

それでは、また

無料体験オンラインレッスン

椿音楽教室

独学教材

30日でマスターするピアノ教本